秋の食養生

朝晩涼しくなってきましたね~。

秋は空気が乾燥してくる時期。
その影響で中医学では、
五行の「肺」に関係している
呼吸器系がダメージを受けやすい時。

喉、鼻、腸の不調が起こりやすくなります。
ユリ根、れんこん、はまぐり、豆腐などで
「肺」を潤し腸を潤します。
杏仁も咳止めとして使われる食材です。

また、冬に向けて外に発散していたエネルギーを内側に残していく時なので、
胃腸の働きを整え「気(エネルギー)」を補う
白米、山芋、うなぎ、豆類、ネギ、栗、キノコ類などの
食材を取り入れていきましょう。

それでは、ほっこりほのりしたひとときを♪
img_16_01

 

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。