春の養生

まだ少し肌寒いですが、春らしい空になってきましたね。
週末には、暖かくなり花見日和になりそうです。

私たちも、縮こまった体をのびやかにし、
気の流れをスムーズにしていくと、気分も軽やかになります。

ラジオ体操にある、このイラストのポーズ。

この脇側を息を吐きながらゆっくりのばすことで、
気の滞りをスムーズに働きかけます。

また、片腕を上にあげた状態で、
もう片側で腕の上から腰まで数回軽くなでて腕をだらんと下ろす。
左右比べて軽さの違いを感じてみてください。

違いをみてから、反対もやってみましょう。

違いがわからない、というのも
気付きとなり
まずは、そこに意識を向けることも大事です。

春は、情緒が乱れやすくなります。
・イライラ、怒りっぽいときは、
オレンジ・みかん・すだちなど酸っぱい柑橘系でリフレッシュ。
・気持ちを落ち着かせるときは、
ジャスミンやカモミールなどのハーブティーで一息つくのも良いです。

また、目の疲れもでやすくなるので、
そんな時は、枸杞の実・ブルーベリー・シジミ・菊花などを。

偏頭痛、お腹が張りやすいときは、
春菊・三つ葉・セロリ・パセリなどの「香味野菜」を。

※熱性・辛味が強いと、気のうっ滞を強めてしまうので注意してください。

もちろん、アロマの香りも気分転換に最適です。

芽温の森では、
春の養生法をお伝えしながら、トリートメントで
のびやかな体・心へとなるようお手伝いしています。

それでは、ほっこり ほのりした ひとときを…

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。