タッチすること

先日、来られたお客様が、
「ただ手を当ててもらっている時が、
一番お腹がグルグル鳴って動いているのが分かった。
久しぶりに呼吸ができたみたい。」

そう喜ばれていました。

「何かエネルギーでも流しているのですか?」

確かに、それもあると思います。
でも、それよりも触れられている事で、
ご本人の体が何かに気付いて、

力んでしまっていたことを辞めたり、
苦しかった動作から楽な動作に、
それを、安心してできる。

もともと楽にできていた動作を
また思い出したことで、
深い呼吸もできたのだと思います。

「自分でも手を当ててしてみます。」

自分で自身に、触れる。
自身で気付いて、自分に優しく。

ほっこり ほのりした ひとときを…

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。