椿を見て

先日、椿をいただいたので、サロンに飾っています。

蕾の時にいただいたのですが、みるみる膨らんで、キレイに咲いてくれました。

椿は私の憧れです。
赤い椿の花言葉にもあるように、
「控えめなすばらしさ」「気取らない優美さ」「謙虚な美徳」

そんな女性でいたいものです。

椿は、平安時代には食用や化粧品として親しまれ、
室町時代からの椿が京都の龍安寺に残っているそうです。
江戸時代には二代将軍徳川秀忠が、花畑を吹上御殿をつくり、
特に椿を愛していた事から、町人や武士にも愛される花となったそうです。

芽温の森も、いろんな方々から愛されるサロンとして
続けていきたいです。

椿を見て、そう思うこの頃です。

それでは、ほっこり ほのりした ひとときを…

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。